Workshop『昔ながらのお味噌の作り方』開催のお知らせ

Workshop開催のお知らせです。
ヴィーガンリニューアルから初となるワークショップの第一回は、講師に田上彩さんをお迎えしてのお味噌作り。
普段何気なく使っているお味噌を、貴重な無農薬国産大豆と麹をつかって、味噌の作り方を通して、日本の発酵食品と文化を学べるワークショップになっております。
ぜひご参加いただき、醗酵の知識と美味しい手作りお味噌をお持ち帰りください。


タイトル:『昔ながらのお味噌の作り方』

日程:2月19日(日曜日) 16:00〜

場所:ORGANIC TABLE BY LAPAZ

講師:田上彩

参加費:¥5,500 <ワークショップ体験と下記がセットになっております。>
・1KGお味噌のお土産
・ワークショップ終了後 Vegan Sweets と Organicコーヒー、Organic TEA

定員9名様

※ご参加人数が定員となりましたので締め切らせていただきました。ご参加ありがとうございます!

※ 定員と材料手配の関係上、 開催まで3日以内のキャンセルは参加費100%を、後日お支払いいただく形になります。ご了承ください。

お問い合わせ:ORAGANIC TABLE BY LAPAZ 豊田 03-6438-9624



Workshop内容

『昔ながらのお味噌の作り方』 日本人には欠かせないお味噌。
 調味料が美味しいとすべてのご飯が美味しくなります。
 多くの製品は出荷前に発酵を止めるため熱処理やアルコールの添加を行っているので、今回は大豆と麹、塩で一年間醗酵させた昔ながらの製法で醸す生きてるお味噌を作ります。
 日本の大豆の自給率は6%ほどで無農薬の国産大豆はとても貴重です。
湘南の柿右衛門農園さんが育てた大豆と福岡で丁寧に造られたさねふじ麹店の麹を使わせて頂き、作り手さんのこだわりの素材でワイワイみんなで昔ながらのお味噌を醸してみませんか?

Section.1 大豆と麹のお話
Section.2 お味噌をつくる
Section.3 お味噌を使った調味料の作り方



Workshop 講師プロフィール

田上彩 

湘南生まれ湘南育ち。醗酵人。 モデル、ミスユニバースを経験したのち2012年にSHONAN FARMを発足。無農薬で野菜を作るうちに、料理にも興味が湧き寺田本家の本「発酵道」をきっかけに醗酵料理の虜になる。マクロビオティック、自然療法を生活に取り入れながら望診法を学び、発酵料理屋へっころ谷で学んだのち、醗酵料理とYOGAのリトリート企画や甘酒や味噌、梅干など醗酵料理のワークショップで昔ながらの手仕事を広める活動を行っている。太陽と海をこよなく愛する発酵伝道師。




ORGANIC & VEGAN CAFE in TOKYO.
オーガニック&ヴィーガンカフェ ORGANIC TABLE BY LAPAZ

ORGANIC TABLE BY LAPAZ | Vegan Cafe in Tokyo

Vegan and Organic cafe in TOKYO

0コメント

  • 1000 / 1000